前へ
次へ

レンタル携帯にはデメリットもあります

近年のレンタル携帯の普及には全く驚かされます。なぜこのように急激にレンタル携帯の普及が伸びてきているのでしょうか。それには驚くべき事実が隠されていました。それは例えば企業などでレンタル携帯のシステムを採用すれば、そのこと自体が大きな節税対策に繋がるからです。企業でレンタル携帯のシステムを採用すれば、毎月月末に払っている膨大な通信費が、年末にはまとまって年末控除の対象となるのです。それは一体どうした理由によるものなのでしょうか。 会社が業務用で連絡する通信費や交通費などは、会社を運営するために必要な経費であるとみなされるからです。これらの必要な経費は会社が1年に1度計上する決算での利益から相殺されるということになります。日本の税金は概ね20%です。国際的に見てそれが極端に高いというわけではありませんが、それでも20%の税率というものはかなり高額であるということができます。そのような高い税金を節約する道があるとなればどうでしょうか。企業でもサラリーマンでもそれに飛びついてしまうのではないでしょうか。サラリーマンたちにとっても同じような節税の道が残されています。サラリーマンのご家庭では生命保険に加入されているのが当たり前となっています。毎月支払った生命保険の掛け金は一年に一度その合計を計算して、年末調整でそれを正確に申告することができれば、年末控除の対象となります。残念ながらサラリーマンが家庭でレンタル携帯を利用したとしても、それは所得控除の対象とはなりません。これはあくまで企業がレンタル携帯を採用した場合に限ります。年末調整をされる場合には、 特にサラリーマンのご家庭ではこの点に注意をしなければなりません。いずれにしても年末調整はサラリーマンにとって一年に一度の現金収入を得られる道です。年末調整で浮いたお金で豪華な食事をすることもできますし、場合によっては海外旅行などにお出かけすることもできます。レンタル携帯サービスの最大のメリットはその通話料金が安いことです。

Page Top