前へ
次へ

使いすぎを防げるレンタル携帯のデポジット

多くのレンタル携帯の業者は、デポジットというシステムを採用しています。デポジットは、チャージのようなシステムになります。チャージと言えば、電子マネーもあるでしょう。カード型の電子マネーを活用している方も多いですが、実質的にはマネーの口座に入金しておく状態になります。電子マネーは、チャージした金額以上は利用できないメリットがあります。例えば電子マネーの口座に1万円入金している場合、マネーのカードで1万円以上支払う事はできません。あくまでも1万円以内になる訳です。1万円だけ入金しておけば、使いすぎを防ぐこともできます。現金ですと、いつの間にか使い過ぎてしまうケースも多々あります。その点電子マネーのように上限金額が決まっていれば、使いすぎも防止しやすくなる訳です。それにメリットを感じて、電子マネーを活用している方も多いです。レンタル携帯のデポジットというシステムは、厳密にはチャージとは少々異なります。ですが、レンタル携帯の業者に預けている分のみサービスを利用する訳ですから、実質的にはあまり変わりません。例えばある新潟のレンタル携帯の業者の場合、デポジットした金額以上で通話できないサービスを提供しています。その新潟の業者の場合、2000円をデポジットする形になります。まずはレンタル携帯の業者に対して、2000円だけ預けておく訳です。実質的には2000円チャージする形になりますが、それ以上の金額で通話する事はできません。通話料金の上限は2000円になりますから、使いすぎを防止できる訳です。携帯電話を持っていると、つい長電話してしまう事があります。通話時間が長いと、支払うお金も高めになってしまうでしょう。しかし上記のように2000円だけデポジットするシステムなら、長電話できない状態になります。節約に関心があるなら、レンタル携帯のデポジットというサービスはとても便利です。ちなみに2000円以上通話した時でも、改めて入金すれば問題ありません。ちょうど電子マネーに追加入金するのと同じく、改めて2000円預ければ通話できる状態になります。

Page Top