前へ
次へ

レンタル携帯の会社が急激に増えてきています

最近インターネットサイトを巡回していてあることに気がつきました。そこには数多くのレンタル携帯の会社が存在するということです。なぜこのように急激にレンタル携帯の会社が増えてきているのでしょうか。それには驚くべき事実が隠されていました。レンタル携帯の会社が増えている理由として考えられる一番大きなものは通話料金が安いということです。 それだけではありません。企業がレンタル携帯のシステムを採用すれば、それだけで大きな利益を会社にもたらすことができるからです。一体それはどうした理由によるものなのでしょうか。これは極めて簡単な理屈です。企業が一丸となって社員にレンタル携帯を貸し与えれば、その効果が絶大であるということです。これらの企業が狙っているのは年末調整で 所得控除を得られるということです。企業は1年に1度決算をしなければなりません。その時に税金の申告をしなければなりません。レンタル携帯にするだけで、その費用は会社を運営するために必要な経費であると考えられるからです。企業が社員たちにレンタル携帯の携帯電話を貸し与えれば、毎月通信費の支払い義務が発生します。それは会社の経費から落とされるのが通常です。そしてそれらの膨大な金額は、1年に一度集計されて、年末調整の申告がなされるという仕組みです。社員一人ひとりが利用するレンタル携帯の通信費は大したことはありませんが、それが全社員になれば、その合計金額は天文学的な数字になります。その膨大な通信費が年末調整控除の対象となるのですから、企業はレンタル携帯を採用して、さらなる利益を目指すという構図になっています。携帯電話ばかりではありません。企業で使われているあらゆる種類の備品がレンタルでまかなわれています。すべてと称して良いほどレンタルでまかなわれているのには理由があります。レンタルにすることで、それで発生する費用を年末調整の所得控除対象にすることができるからです。これからもこの傾向は当分の間継続される見込みです。

Page Top